全ての人が有益を得られる仕組みを整備して、株主優待制度の発展に寄与してまいります

株式会社シー・ティ・エヌ ロゴ

メール
メインメニュー

株主優待制度の滞りを解消し消費者までの流通完了を整えています。株主優待制度の滞りを解消し消費者までの流通完了を整えています。

関わるすべての人が株主優待で豊かになる仕組みをご提供します

株主優待券を日々の生活により役立てるため、1枚からでも必要な時に購入でき、不必要な時は売却をする。
優待企業と株主と個人の間を円滑に結び、生活を豊かにする仕組みを運営・提供しております。

株主優待制度の滞りを解消

株主優待制度の滞りを解消するイメージ株主優待制度の滞りを解消するイメージ

優待品の廃棄処分を無くし、
消費者へ無駄なく届けます。

優待品の寄付活動

優待品の寄付活動イメージ優待品の寄付活動イメージ

食品などの優待品は、必要とする団体へ寄付をしております。

優待券を安定供給できる理由

優待券を安定供給できる理由のイメージ優待券を安定供給できる理由のイメージ

優待品の仕入れから販売の
仕組みを解説します。

株主優待制度とは?

株主優待制度について説明しているイメージ株主優待制度について説明しているイメージ

株主優待制度について、詳しく
ご説明も行なっております。

金融機関・企業様と提携し、株主優待本来の循環を作ります

すべての人の有益を得られる仕組みを整備して、株主優待制度の発展に寄与してまいります。

株主優待本来の循環

日本において、株式は毎日多くの取引により株式市場が動いており、日本経済を支えている
仕組みがあります。株の売買での値動きで、日本の経済状況が変動する結果となり、
取引によって変動する株価指数が、その企業の社会意義と株の価値となります。

多くの上場企業は株主優待を発行している

そして、多くの上場企業では、株を安定保有する株主を確保するため、株主優待が発行されます。

株主優待とは、たとえば航空会社ではチケット割引など、その企業で使えるサービス券や、
クオカードなどが発行され、なかには、優待品を目的として株を購入をする投資家もいます。

優待を発行することで、株の保有者が増え、企業の価値の上昇にもつながっているのです。

株式の売買を行わずに仕組みを活用した方法優待券を利用できる層へ向けたサービスの展開

サービスの展開イメージ

日本の上場企業の株に多く投資しているのは日銀であり、約29兆円を購入して
経済を支えております。現在でも年間6兆円もの金額を購入し買い支えが行われています。

日銀が投資をして支えているということは、地方銀行やメガバンク、証券会社のファンドや
積立預金、運用型の保険会社など、多くの資金を集めて確実に投資を行う機関投資家も
多くの日本株を購入しています。

日本市場の規模は約6800兆円

日本市場の合計での金額は約6800兆円が年間で推移されていると言われています。この金額を
使い、事業が基盤を元にし、年間の利益を企業が創出して日本経済は回るようになっております。

そして生まれた利益は配当金で株主に還元される他、株主優待の形で送られているのです。

株の配当をもらうことではなくファンドを活用配当金を運用していう企業に優待券の活用をしてもらう

株主優待は食品から、クオカード・サービス券・割引券・食事券・カタログギフトなど、生活をする上でお金の代わりとなるもの
ばかりとなります。たとえば吉野家様を2000株保有すると年2回、12000円相当の食事券をもらうことができます。

個人株主の場合はそのまま使用すれば問題ありませんが、証券会社などの機関投資家では、お客様から委託された資産で多くの
上場企業へ投資運用を行なっているため、送られてきた優待券は日の目を見れず、そのまま期限が切れてしまいます。

優待券を有効に活用する方法

個人だと金券ショップに売却するなど手段はありますが、運用機関の場合は個人に分配ができず、優待券を廃棄するか、
買取業者に購入してもらうしかありませんでした。CTNではそういった優待券を多額で一括買取し、必要とされている会社へ
的確に流すことができ、機関投資家は買取額を配当金に還元することが可能となり、需要と供給を掴んだ方法を行なっています。

サービス概要のイメージサービス概要のイメージ

航空会社の優待券などの使い先個人として使うのであれば1枚だが、企業として使う場合

株主優待を活用すれば大きな割引を受けられるのは個人だけでなく、会社の運営にも役立てる事ができます。

6800兆円の市場に向けた仕組み

例を出すと、旅行会社が50%割引の航空優待券を購入すれば、旅行を予約した人に対して、正規金額よりもお得な旅行プランを
作成する事ができます。優待券を使える層が、しっかりと活用できる様にすることが私たちが行なっている業務であり、
その優待券を購入する総合金額が高ければ高いほど利率が上がり、少ないパーセンテージでも多くの還元をすることができます。

1000万円の5%が50万円ですが、10億円の5%は5000万円となります。日本市場の大きなマーケットに視野を向けた仕組みであり、
株式市場が開催される状態で、企業が存続できる状態であれば継続してこの仕組みが生きていきます。

  • 航空会社の優待券を旅行会社が購入
  • 飲料の割引券を企業が福利厚生に購入
  • お茶セット優待品を葬儀会社が購入
  • 洗剤セット優待品を保険会社が購入
  • 経費削減のためにクオカードを安く購入
  • 旅館宿泊券をキャンペーンのため購入

どの時代にも成果を出した方法金を掘りに行くのか、
ジーンズを売るのか、ツルハシを売るのか。

どの時代も方法は変わっておりません。安全に、確実に冒険をせず、身の危険なく着実に隙間に入り込むことで結果は出てきます。

時代に振り回せない、不景気の時代でも株主優待券は存在しました。株主優待券は金券であり、
金券をお金で購入して、利用者にはお金を払ってもらう。誰もが損をすることがなく、
経済を循環させる仕組みとなっていますので、私たちはこの事業をしております。

金を掘る人たちへジーンズを売ることで皆が喜び、ツルハシを売ることで金を掘りやすくした、ただその結果がそうだっただけです。

そのような企業を目指して私たちは株主優待制度を社会に対し広めております。

消費者まで届かない株主優待を
利用したいユーザーへ届けております。

機関投資家が保有する優待券を消費者へ

機関投資家、個人の株式保有比率年度別グラフ機関投資家、個人の株式保有比率年度別グラフ

個人投資家は2割弱となっており、上場企業が発行する
優待券の多くが、消費者まで届かない問題を解決することで、
企業と消費者間の流通問題を解消していきます。

上場企業が株主優待制度を活用できる環境

株主優待制度採用企業数年度別の推移グラフ株主優待制度採用企業数年度別の推移グラフ

株主優待制度は、上場企業の1/3以上が採用しております。
その数は年々増加し多岐に渡り、発行をする企業が、
より良く株主優待制度を活用できるよう取り組んでいます。

上場企業から消費者までの
流通環境を円滑にするCTNの役割

当事業に取り組み、金融機関・企業様との
取引経験は10年以上となります。

金融機関や機関投資家が資産運用により受け取る優待品の多くは、コンプライアンス上の問題で廃棄されていました。

CTNは株主優待品の滞りを生む問題を解決するために、金融機関や企業機関投資家と契約を結び、
優待品の無駄を無くし、ニーズの大きい消費者へ渡るよう流通環境を整えております。

株主優待の利便性を多くの人にお伝えし
日本経済に有意義な影響を
与えられる様取り組んでまいります

日本経済のイメージ画像

投資には、多くのリスクが伴うと考えがちですが、日銀が29兆円を投入している
状態のように、個人で考えて動いても、勝率を上げることは難しいです。

その理由として市場に対する影響力が小さいことが挙げられます。高い影響力を持ち、
発揮できるようになれば、結果はおのずとついていきます。

日銀のお金も、元はと言えば国民のお金です。そのお金の先には社会があり、
そして市場が存在し、私たちの生活がある。お金のサイクルがスムーズになれば、
私たちはもっと日々の生活を豊かに生きることができるのです。

多くの人たちが豊かになる仕組みを創り上げるため、私たちは行動しております。

株主優待の仕組みや市場へのサイクルについて知りたい方は、お気軽にご相談ください。
経済の循環への大きな一手を担う努力を私たちは怠りません。